top of page

FileMaker 検索の基本を極める!!

更新日:4 日前



はじめに

FileMakerとは

FileMakerは、Claris社より提供されている、 多機能なデータベースが構築できるローコード開発プラットフォームであり、 ビジネスや個人のさまざまなニーズに対応することができるソフトウェアです。 そして、FileMakerの検索機能は、データベース内の情報を効率的に見つけるための重要なツールです。 この記事では、基本の検索から、演算子を用いた検索まで、様々な検索方法についてご紹介します! ※サンプルデータには、Claris公式 FileMaker トレーニング教材のデータを使用しています。



FileMakerにおける要素

FileMakerデータベースは、主に3つの要素から構成されています。 ・テーブル  データを保存するための集合体です。  例えば、顧客情報、商品情報などがこれに当たります。 ・レコード  テーブル内の個々の情報の単位です。  例えば、顧客情報では、氏名、住所、年齢、電話番号 などからなる、データの1つのかたまりのことを指します。 ・フィールド  レコード内の個々の項目をのことです。  例えば、顧客情報においては、氏名、住所、年齢、電話番号 などのデータ項目があります。

上記を踏まえ、顧客情報のサンプルデータを使って様々な検索を試していきたいと思います。




検索機能の使い方

検索モードに切り替える

FileMakerには複数のモードがあり、用途によって使い分けることが可能です。 FileMakerのメニューバーから、「表示」⇒「検索モード」を選択するか、 「CTRL+F」キー(Windows)で、検索モードへ切り替えることができます。


検索モードに切り替えると、検索可能なフィールドに虫眼鏡のマークがつきます。



基本の検索

「名前」フィールドに、「平林」と入力して検索実行(Enterキー)すると、 苗字が「平林」の人が一覧で出てきていることがわかります。


日本語の場合は検索ワードが含まれているフィールド全て結果に含めてくれる「部分一致」検索になります。




検索条件

複数の検索条件に一致する(AND検索)

複数の条件に一致する検索を行う場合は、条件をそれぞれのフィールドに入力します。 例えば、「東京」在住の「平林」さん を検索したい場合は、 検索モードで、「名前」に「平林」、「都道府県」に「東京」と入力します。


このデータベース上では2名ヒットしました。



いずれかの検索条件に一致する(OR検索)

検索モードで、「都道府県」に「東京」と入力した後、 検索条件を追加(CTRL+N)し、2つ目の条件として「都道府県」に「大阪」と入力します。 そうすると「東京」もしくは「大阪」に住む人、という検索条件になります。



ヨコ の検索条件は AND タテ の検索条件は OR 、と覚えられます。



検索条件に一致するものを除外する(NOT検索)

検索モードで、ツールバーから「一致するレコード:除外」を選択するか、 スクリプトステップ「レコードを対象外に」を使用することで、条件に一致するレコードを除外して、 検索結果を表示させることができます。




おわりに

本記事では、FileMakerの検索モードについて基本機能の紹介をさせて頂きました。 次回の記事では、より詳細な検索、検索演算子を用いた検索方法を紹介させて頂きます。 FileMakerの検索機能をより深く理解し、目的のデータを的確に検索するための手助けとなれば幸いです!



次の記事へ (2024/2/22追記) → FileMaker 検索の基本を極める!!②

bottom of page